臨床試験管理グループ

ホーム > センター及びグループの紹介・案内 > 臨床試験管理グループの紹介

臨床試験管理グループの紹介

臨床試験管理グループは、薬機法・GCPを遵守した当院における治験関連業務および治験審査委員会(IRB)の事務局業務を行っています。 当院の企業治験および医師主導治験数は、常に日本のトップクラスであり、迅速に審査できるように、一部の審査資料の電子化等を行い、IRBを毎月2回開催しています。 また、IRBは、当院以外で実施される治験の審査を受託するとともに、中央一括審査を推進しています。


臨床研究センター内には、モニタリング専用スペースが6ブース、院内の病歴閲覧室に5ブース設置されており、さらにリモートモニタリングのシステムの開発により、院外からのモニタリングも可能としています。


モニタリング専用スペース

●モニタリング専用スペース



また、院内には治験参加患者さんを優先的に採血する看護師の配置や、治験参加患者さんの来院管理や相談などを行う「治験コーナー・臨床研究相談窓口」を設置し、患者さんに安心して治験に参加していただけるよう設備の充実を図っています。 このように当グループは、治験実施環境の整備をすすめ、治験が効率的かつ円滑に実施されるよう努めています。 加えて、治験ネットおおさかのネットワーク治験事務局も担当し、大阪府内の治験の活性化に寄与しています。


治験コーナー・臨床研究相談窓口

●治験コーナー・臨床研究相談窓口